PPC AdvertisingPPC広告

検索連動型広告、リターゲティング広告、ディスプレイネットワーク広告

リスティング広告に代表される狙ったキーワードで広告を表示する検索連動型広告、一度サイトを訪問したユーザーへ再訪を促す広告を配信するリマーケティング広告、興味・関心がありそうな媒体に広告配信をするディスプレイネットワーク広告をご提供します。これらの広告は、クリック課金型の広告となりますので、PPC広告と呼ばれています。

PPC広告代理運用について

リスティング広告(Google Adwords , Yahoo プロモーション) に代表されるPPC広告代理運用もお任せください。PPC広告とは、Pay Per Click の略で、クリックされた分だけ広告費が課金されるクリック課金型の広告プランです。
代表的な広告は、Google Adwords , Yahoo !スポンサードサーチとなります。
これらの広告プランは、狙ったキーワードが検索されると広告が表示されるため、検索連動型広告とも呼ばれています。
その他にも、Facebook 広告やtwitter 広告などのSNSでの広告配信にも、同様のクリック課金型の仕組みが取り入れられています。
誘導されて始めて課金されるPPC広告は、費用対効果を測りやすい所が特徴です。効果を見ながら対策するキーワードを調整したり、予算を変更することができるため、目標に向けた広告プランを作成・運用を行うことが可能です。
特にランディングページとの相性が良いため、ランディングページ制作後、PPC広告を使って見込みのあるキーワードで検索している方へ広告を配信することが多いです。様々な種類のPPC広告がありますので、その一部をご紹介します。

PPC広告の種類

こちらでは、上記でご紹介しましたPPC広告にはどのような種類があるかについてご紹介します。
主に、Google 、Yahoo! が提供している広告が人気となっております。様々な種類のあるPPC広告をまとめると以下のような一覧となります。
その他にSNSでのPPC広告については、こちらで紹介しております。

サービス提供元 名称:検索連動型広告 難易度
Google Google Adwords
Yahoo! スポンサードサーチ
サービス提供元 名称:リターゲティング広告 難易度
Google リマーケティング
Yahoo! サイトリターゲティング
サービス提供元 名称:
ディスプレイネットワーク広告
難易度
Google GDN
(グーグルディスプレイネットワーク)
Yahoo! YDN
(ヤフーディスプレイアドネットワーク)

検索連動型広告とは

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、キーワードを検索した際に表示される広告となります。検索キーワードに連動して広告が表示されるので、検索連動型広告と呼ばれています。広告の品質スコアや入札単価などにより掲載順位が決定されるため、同様のキーワードで広告を配信している企業が多い場合は、入札単価が高くなる傾向があります。

リターゲティング広告

一度ホームページに訪れたユーザーへ広告文又は広告バナーを配信する広告プランです。
初めて訪れたページで、購入や問い合わせにつながるのは3%以下と言われています。そこで、一度ページを閲覧した見込客となる97% のユーザーへ再訪を促すことが重要となっております。クリック単価も安いので、検索連動型広告と合わせて運用するケースが多い広告プランです。

ディスプレイネットワーク広告

テキスト広告やバナー広告などの広告物を、関連性の高いウェブサイトに掲載するプランとなります。Google 、Yahoo! が提携しているウェブサイトへの広告掲載が中心となりますが、その他のウェブサイトに広告を掲載する様々なサービスも誕生しております。

PPC広告の始め方

ここからは、広告配信を始めるにあたっての準備についてご紹介させていただきます。
広告運用を依頼しようとお考えの方は、まずはお問い合わせください。

Googleアドワーズ利用開始の手順

1
まずは、Googleのメールアドレスを用意します。
https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja
2
次に、Googleアドワーズの利用開始の手続きを行います。
https://www.google.co.jp/adwords/
3
Googleアドワーズにログインをして、広告配信の設定を行います。

Yahoo!プロモーション広告利用開始の手順

1
まずは、Yahoo!プロモーション広告の利用開始の手続きを行います。
http://topics.marketing.yahoo.co.jp/ss/cp02/?o=JP3144
2
Yahoo!プロモーション広告の管理画面にログインをして、広告配信の設定を行います。

【共通事項】
広告配信の設定を行った後に、入金、広告審査という流れになります。
その他に、効果測定を行うためのコンバージョンタグやリターゲティングを行うためのタグを発行し、該当のページやお問い合わせフォームなどの最終到達ページ(サンクスページなど)に設置します。

PPC広告代理運用の進め方

上記の方法で誰でも広告の配信を行うことができます。
しかし、アカウントの準備までは出来たけれど、配信設定が複雑で自分ではできない。そのような方には、広告代理運用プランをご提案させていただきます。
PPC広告代理運用のメリットは、手放しでアカウント作成~広告運用~結果報告まで代行して行ってもらえるという点です。
検索連動型広告の運用は専門的な知識と経験が必要になります。なぜなら、設定したキーワードの入札単価、上限金額の設定など様々な設定を行う必要があるからです。さらに、効果の良かったキーワードやその時間帯を抽出し、無駄クリックになっているキーワードを排除するという運用が肝になります。
なかなか広告の管理に時間がさけない、1から勉強する時間がないという方には、代理運用サービスをおすすめさせていただきます。

PPC広告代理運用の進め方

広告の代理運用についての手数料は以下の通りです。
広告の特性上、初動に負担のかかるプランとなりますので最低契約期間は3ヶ月となります。

広告予算 手数料 サービス内容 契約期間
広告予算15万円以下 一律30,000円 ・広告アカウント各種設定
・広告運用、改善作業
・運用レポート作成
掲載開始から3ヶ月以上
※3ヶ月以上経った場合は、
その後は毎月の更新となります。
広告予算15万円以上 運用金額の20%
広告予算 手数料
広告予算15万円以下 一律30,000円
広告予算15万円以上 運用金額の20%
サービス内容 契約期間
・広告アカウント各種設定
・広告運用、改善作業
・運用レポート作成
掲載開始から3ヶ月以上
※3ヶ月以上経った場合は、
その後は毎月の更新となります。

Contact usお問い合わせ

無料相談実施中!お気軽にお問合わせください

メールでのお問合わせはこちら