Social media marketingソーシャルメディアマーケティング

SNSでの情報拡散を通じてファンを獲得!

FacebookやInstagram、Twitter、LINEなど様々なSNSが誕生している昨今、ビジネスでSNSを活用したいというニーズも確実に伸びてきております。ある出来事についての自分の考えや、写真、動画をアップロードして、自分の趣味や考え方を人と共有する時代になりました。企業における、SNSの活用方法についてご紹介致します。

SNSをビジネスで活用する方法

現在、様々なSNSがあり、全てを運用管理することは困難な状況です。SNSをビジネスで活用するためには、まず目的を明確にし、どのSNSサービスを活用していくかを決定する必要があります。
理由は、ただ作っただけで更新されていない企業アカウントの印象としては、今は事業を継続していないのでは?と錯覚するほどの不信感を与えかねないからです。SNSの運用ができる体制を整える、または管理会社へ業務委託することをおすすめします。
SNSを活用する目的を考え、ご自身の業種や配信内容やターゲット層などを考慮し、御社にあったSNSを選択すると良いかと思います。SNSを利用するメリットは、「いいね」や「シェア」などで、繋がりのある人へ情報拡散されることにあります。
繋がりがある人とは、友人や家族など、比較的同じ趣味や思考の持ち主であり、年齢も近い方が多いと予測されます。
それは、御社がターゲットとして考えている層に、アプローチができるという意味です。
投稿する内容であったり、配信する広告については、できる限りシェアされやすい内容にすることが重要です。
「シェア」や「いいね」を獲得する具体的な方法は、ターゲットと運用するメディアを決めれば、様々なアイディアが出てきますので、まずは、前途でお伝えしたターゲット像を明確にすることからスタートすべきかと思います。

SNSでの広告配信について

各種ソーシャルメディアでは独自の広告プランがあります。それらの広告のほとんどは、PPC広告(クリック課金型)となっており、リスティング広告などに比べるとクリック単価は安い傾向にあります。したがって、情報拡散を行うに適した広告だと言えます。しかしながら、キーワード連動型の広告に比べ、CVRは上がりにくい傾向があります。それは、属性に合わせた広告配信であるため、検索している人に比べると、二―ズがそれほど高くない状態で、広告が表示されるからだと考えます。広告の指標としては、運用コストの含めて考えても、CPAが目標と合うようであれば行うべき施策だと思います。
正直にお伝えすると、BtoCサービスにおいてのプロモーションには効果を期待できますが、BtoBサービスについてはあまり良い事例を聞いたことがありません。
ソーシャルメディアにおける広告プランは、変化のスピードが速いため、個別にご紹介はいたしませんが、その時々で、反応の取りやすい広告プランをご提案致します。

Contact usお問い合わせ

無料相談実施中!お気軽にお問合わせください

メールでのお問合わせはこちら