ランディングページ制作 (PC,SP対応) スキューバダイビング

投稿日:2016年09月19日

http://www.ohanawith.com/lp/

ホームページリニューアルからのお付き合いのオハナウィズ様のランディングページ制作を担当させていただきました。
ライセンス取得講習での問い合わせを増やしたいとご相談をいただき、ランディングページ制作とPPC広告運用をご提案させていただきました。
詳しい結果は控えさせていただきますが、初月から予想以上に多くのレスポンスがあり、予め設定されていた講習の予約枠がいっぱいになったので配信を弱める必要がでるほどの反響を獲得に成功しました。

ウェブマーケティングにおいては、ホームページの役割とランディングページの役割を明確にすることが大事だと考えています。
ホームページは、情報提供。ランディングページは、営業活動。というように、サイトの使い方を意識して運用すると管理しやすいというメリットがあります。ロックビルでは、そのように意識をしたサイト運営を行っています。

何に問題があってホームページで成約が獲れないのか?
もちろん、理由を追求し、改善することは出来ます。
しかし、ウェブでの目標を達成するための最短ルートに対してシンプルに施策を行う方が効率的です。
それが、ランディングページを作る理由のように思います。

ランディングページの制作は、比較的スピーディー(1ヶ月ほど)に作成でき、比較的安価(20万円~30万円程度)に納品できます。
現在、ホームページをリスティング広告の誘導先にしている企業様は是非一度ランディングページへ誘導した場合とでのABテストを行うことをおすすめします。今までに300社以上のウェブマーケティングに携わらせていただいた経験から言うと、ホームページにLPがCVRで負けることはほとんどありません。適当に作られたLPでは効果が薄いということも合わせてお伝えしたいと思います。それだけ重要な施策です。

ということは、、、
毎月数十万円、数百万円の広告費を使っているのであれば、少なく見ても3ヶ月以内に費用対効果が改善されることになります。
以下に例を使ってご説明します。

例)月額30万円のリスティング運用を行った場合の仮設
HP CPC 150円 CVR 0.5% → CPA 30,000円 CV数10件
LP CPC 150円 CVR 1.0% → CPA 15,000円 CV数20件
CVRを改善することで、2倍の効率化を実現できたりします。
これを3ヶ月間とし、LPO施策まで行った場合、
HP CPC 150円 CVR 0.5% → CPA 30,000円 CV数30件
LP CPC 150円 CVR 1.2% → CPA 12,500円 CV数72件
このような結果となり、2倍を超える効率化を行うこともできます。

上記の例での費用対効果というと、
LP制作費用を300,000円とした場合、2ヶ月でトントン。
3ヶ月目以降は、得をすることになります。
その段階で、広告予算を減らして効果を維持するも良し、更なる獲得を目指すも良しという状況になっていきます。
その理想的な状況を作り上げるお手伝いを株式会社ロックビルでは行っております。

ランディングページ制作とリスティング広告運用について、詳しくお知りになりたい方は、こちらからご確認ください。
> 自動的に売上げを上げる仕組みの構築

ランディングページ制作事例8

Contact usお問い合わせ

無料相談実施中!お気軽にお問合わせください

メールでのお問合わせはこちら